ゴルフをはじめようと思った時に道具はどうやって揃えたらいいかをなやみませんか。
何のメーカーがいいとかどんな種類のクラブがいるかとかたくさん考えるでしょう。

スポンサードリンク

ゴルフクラブの選び方

ゴルフ以外で道具を使うスポーツでは、野球はバット、テニス・卓球・バドミントン等はラケットなど1種類の道具を利用しています。

ゴルフの場合一般的に言われているのが14本セットです。
しかし初心者の場合全部を使いこなすのは難しいでしょう。

したがって半分の7本を揃えることをお勧めします。
ウッド2本(1番、4番)、アイアン3本(5番、7番、9番)、サンドウェッジ、パターがあればコースを回ることができます。
ハーフセットというのがあるので購入してみましょう。
当然ですが14本揃えるよりも値段も安くてすみますね。

それでは初心者のクラブ選びについて説明したいと思います。

ゴルフクラブは大きく分けて3つあります。
ウッド、アイアン、パターです。

1、ウッド
ウッド(特にドライバー)は一打目に使うことが多くゴルフクラブの中でも一番飛距離がでます。
ヘッドは大きくシャフトは長く作られています。
素材はメタル、カーボン、チタンなどがありますが、最近では軽いということもありチタンが主流となっています。
しかしウッドは飛距離が出ますがショットの難易度は高いのでたくさん練習が必要です。
プロゴルファーでもドライバーショットは難易度が高く曲がりやすいクラブです。

2、アイアン
アイアンはゴルフクラブの中で使用頻度が高く2打目以降はほとんどアイアンを使用することが多いです。
番手が小さいほど飛距離が出て番手が大きいほど飛距離は出ません。
しかし番手が小さいアイアンは高い技術がいるので初心者は番手の大きいクラブから練習しましょう。
アイアンにはSW、AW、LWなどクラブもありグリーン周りで使います。
プロゴルファーの場合SWやAWのショットが上手なのでスコアが大崩しないのです。

3、パター
グリーン上で使うクラブです。
パットをする専門のクラブで初心者でも必ず揃えなければならないクラブです。
パットが上手であればスコアも伸びてくるのでたくさん練習しましょう。

このようにゴルフクラブは用途によって揃えなければならないクラブがいろいろとあります。
分からない人はゴルフ経験者に聞いたりゴルフショップの人に相談するといいでしょう。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

ゴルフクラブの選び方:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://golf.16f9.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。